USCPA予備校の比較 | スクールの違いと特徴、選び方

USCPA

米国公認会計士(USCPA)は日本でも監査法人、金融機関や財務担当者に人気の資格です。しかし受検の情報があまり知られておらず、試験範囲も独学が難しいため、確実に合格するためには予備校の利用が必須です。ここでは有名予備校を比較し、選び方を紹介していきます。

USCPA試験の概要

USCPAの予備校を選ぶ上で、まずは試験の制度についてある程度把握しておく必要があります。

まず、USCPAの受験要件として大学の単位が必要です。会計学の単位だけでなく、ビジネス系の単位も必要になり、単位を保有していない方はまず単位を取得するところから始まります。資格予備には単位取得をサポートしているところもあります。

また、USCPAは今でこそ日本で受験することができるようになりましたが、試験の指示や問題文、回答はすべて英語です。

より詳しい受験までの流れについては、以下の記事もご覧ください。

米国公認会計士(USCPA)試験 受験の概要
米国公認会計士(US CPA)は日本でも監査法人、金融機関や財務担当者に人気の資格です。ここでは筆者の経験をもとにUS CPA試験制度の概要を紹介していきます。

USCPA資格予備校の選び方

単位

USCPAを受験するための最初の関門は受験要件となる単位を取得することです。必ずしも大学の卒業は要件ではないのですが、例えば理系の方で会計単位をまったく持っていない方もいるでしょう。

もちろん資格予備校が単位取得をサポートしてくれるところもあるのですが、実はそのサポートされる単位の幅が異なります。です。

そもそも受験する州によって必要な単位の数が異なるのですが、予備校によって、受験要件が優しい必要最低限の単位の数のみサポートされるところもあるのです。そのような州では実務要件が厳しく、試験合格後が大変です。

一方で受験要件となる単位の数が多くても、実務要件が緩く監査業務に携わらなくてもライセンスを取得できる州もあります。そのような州で受験するために、単位を揃えていないのであれば単位取得のサポートが充実しているスクールが望ましいと言えます。

授業・テキスト

USCPAは受験申し込みの時点はもちろん、試験の問題や回答も英語となります。当然、試験の直前には英語で演習するという対策が必須です。

しかし、学習初期の基礎知識を身につけるところでも英語のみで学習することは必ずしも効率的とはいえません。特に初学者であれば会計の基本的な考え方を日本語でインプットした方が結果的には近道です。そして並行して会計英語の基礎を学んでいくというのが望ましいでしょう。

もちろん英語を母国語レベルで使いこなせるのであれば、英語で学習した方がよいのですが、そのような人は非常に稀です。そして勘違いしがちなケースとしては「英語が少し得意な人」で、あやふやな理解のまま試験に臨んでしまうという落とし穴にはまりがちです。

USCPAでは高度な会計学の知識を理解しておく必要がありますから、日本語の学習教材、そして試験対策のための英語での学習を支えてくれる授業・テキストを選びたいところです。

費用

予備校を選ぶ段階でもっとも気になるのが、間違いなく必要となる費用のことでしょう。ですが、合格した方々からの話を聞くと、「少しばかりの費用の差よりも予備校のサービスの中身で選ぶべきだ」と多くの方が語ります。

たしかにUSCPAは他の資格試験よりも金銭面では負担が大きいかもしれません。予備校の費用と受験費などを含めると、およそ百万円程度かかったという人が大半です。

ここでよく考えてほしいのは合格後のキャリアや待遇の可能性です。米国における監査業務だけでなく、最近では海外のM&Aや国際的なビジネスに会計的なセンスが求められ、特にUSCPAの需要が増しているのです。

試験を受験する前に費用を考えると、少しでも費用が低い方を選びがちです。しかし、私はUSCPA受験を考えている方には少しでも早く試験に合格し、ビジネスの場で大きな活躍をしてほしいと思っています。試験合格はあくまでもスタートラインにすぎません。

無駄な出費をせよということではありません。重要なことは、効率的に試験をクリアし、いかに次のステージに進み活躍するかという点なのです。

USCPA資格予備校の比較

Abitus(アビタス)

Abitus(アビタス)は現在日本でもっともメジャーなUSCPA予備校です。日本人のUSCPA合格者は毎年600人前後であり、その半分以上がAbitus受講者となっています。

Abitusの特徴としては、以下の点が挙げられます。

  • 日本語・英語ハイブリッドのオリジナル教材
  • 幅広い単位取得サービス
  • 合格までの安心の5年間サポート

オリジナル教材

Abitusのオリジナル教材の特徴としては、日本語での説明をメインとしながら、会計用語やオリジナルの英語原文を随所に散りばめてある点です。

普通であれば理解に努めようとすればするほど、英単語や英語での表現の学習がどんどん後回しになってしまいます。試験における最終的な到達点は英語での記載を理解し、英語で表現することになりますから、できるだけ負荷を少なく並行して学習することが重要です。

単位取得サービス

Abitusでは米国カリフォルニア州立大学イーストベイ校(CSUEB)と提携し、受験者の単位取得をサポートしています。

会計を学んだことのない方向けのフルパックはもちろん、一部の単位を取得している方や、最低限の単位で受験できる州に絞った単位のみ選択するなど、個人の単位取得状況に合わせた様々なバリエーションが可能です。

もちろん、既に単位を多く持っている方ほど、単位取得のための追加の費用は少なくなります。

合格まで5年間の充実サポート

初学者の場合、USCPA合格までは、実務要件が優しい州の受験で最短合格する場合、単位取得で1年9ヶ月(会計29単位+ビジネス24単位)と試験3ヶ月で、少なくても2年かかります。

しかしこの最短期間は学生の方や生活をUSCPA受験に専念できる方の場合で、社会人で働きながらの場合では2年半から3年の長期での学習が不可欠です。

そのような中でも勉強で不明点を質問したり、受験にあたり不明な点を確認したりといったサポートがあれば、安心して勉強を進められますね。

Abitusでは他社を圧倒する最大5年間の受験サポートが魅力的です。

これだけのサービスがありながら、Abitusのライトパック(会計またはビジネス約15単位分付き)は563,500円(税込)、フルパック(会計29単位+ビジネス24単位付き)は763,000円(税込)と良心的です。

しかも受験まですべてオンラインで完結することも可能で、通学が難しい方にも嬉しいですね。

今なら無料説明会参加で書籍をプレゼント

無料の説明会に参加すると、以下のUSCPA受験者必携となる「受験の手引き」といえる書籍を今なら無料でもらえますので、ぜひ参加してみてはいかがでしょうか。

こちらから説明会に参加することで割引クーポンが獲得できます。もちろん資料請求も無料です。

Abitusについて詳しくみる

資格の大原

資格予備校最大手である「資格の大原」でもUSCPA対策の講座を開講しています。

授業・テキスト

資格の大原の特徴としては、英語7:日本語3のハイブリッド講義があげられます。

教材としては米国では有名な「Roger」のテキストを利用し、英語の講義はネイティブ講師によるビデオ講義となります。会計とともに語学力の向上を見込むこともできます。

もちろん日本人講師による日本語でのフォロー講義が英語の説明のあとに続き、日本語でのポイントをまとめたレジュメもありますから、英語の自信がない方でもつまづかないよう配慮がなされています。

コース・費用

受講費はアラスカ州などの受験要件である会計18単位・ビジネス6単位取得込みで、499,400円(税込)からとなっています。TACやこれから紹介するProActiveが標準コースが単位なしであることを考えれば、非常に経済的な価格となっています。

資格の大原だけあって、日商簿記2級やTOEIC730点以上など他資格の保有者は受講料が大きく割引となる制度がありますから、積極的に利用するとよいでしょう。

また、試験合格後のライセンス取得に必要な情報も紹介してくれます。NASBA(全米州政府会計委員会)の公式承認サービス(有料)があるため、ライセンス取得を目指される方も安心して学習を進めることができます。

資格の大原について詳しくみる

ProActive(プロアクティブ)

ProActive(プロアクティブ)はUSCPA資格のみを取り扱う予備校となります。

コース・費用

その最大の特徴は最もリーズナブルな価格でUSCPA合格を目指すという点にあります。

通信教育のみのeラーニングコースでは240,000円(税別)、通学ありのコースでは350,000円(税別)と業界最安水準です。

最低価格で合格を目指すため、受験要件としての単位は少ない州での受験を狙っていくことになります。監査業務に従事している方や会計事務所を目指している方にとっては有力な選択肢になります。

会計単位やビジネス単位を取得することは可能となっており、3単位取得するために250ドル(約25,000円)かかります。

特徴的な講師たちによる講義

ProActiveではインプットからすべて英語で行うというのも大きな特徴でしょう。この勉強方法に抵抗がある方には向いていないかもしれませんね。

また講師にも大きな特色があります。プロアクティブ代表取締役であり、ニューヨーク州公認会計士でもある佐々木講師による熱血講義は、もしかすると人によっては相性というものがあるかもしれません。講師陣は3名のみで、合う人にとってはとても魅力的な講師達が揃っていますから、講師で選ぶならProActiveといえるでしょう。

ProActiveについて詳しくみる

TAC

資格予備校大手の「TAC」でもUSCPA対策の講座を開講しています。

教材としては、米国ではこれまた有名な「Becker」のテキストを利用し、資格ホルダーによる講師陣による講義を受けることができます。

教材としての難易度はAbitusのオリジナルテキストや資格の大原で採用されているRogerよりも難しく、USCPA合格者の間では「Beckerの問題は本番よりも難しくマスターすれば合格は近い」と有名です。

TACについて詳しくみる

一番おすすめの予備校は?

予備校を選ぶポイントは最初にご紹介した通りですが、もし初学者の方にすすめるのであれば、やはり「Abitus」をすすめたいと思います。

USCPAの受験は長期戦になることが予想されますから、サポートも相応の期間受けられる方が安心して受験勉強に取り組むことができます。

また、実務要件がなくてもライセンス登録ができるグアム州の受験を考えるとしても、受験要件となる必要単位数が多いため、単位までトータルで考えてみるとAbitusがもっとも経済的です。

USCPA資格については以下の記事もご参照ください。

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました