ファイナンシャルプランナー3級(FP3級) 合格のコツと対策

FPFP

皆さんは今までどこかでお金のことを学んできましたか?残念ながら、日本ではぼんやりと学校を卒業しても、マネーリテラシーを身に付ける機会はありません。そんな皆さんにお勧めの資格がファイナンシャルプランナー3級(以下FP3級)です。

ファイナンシャルプランナーとは?

正確にはファイナンシャルプランナーとは将来のライフプランニングに即した資金計画やアドバイスを行う職業・職種であり、 資格試験の合格により「ファイナンシャル・プランニング技能士3級」を名乗ることができます。「FP技能士3級」「FP3級」とも呼ばれ、名称独占資格の国家資格となっています。

FPに関連する資格としてAFP・CFPという民間資格があり、それぞれ対応するレベルの国家資格はFP2級・FP1級です。AFP・CFPは登録制で年会費がかかりますが、FP3/2/1級は一度合格すればランニングコストはかかりません。

「どの保険に入るべきなの?」「将来に向けた資産形成が不安」「相続や税金のことがよくわからない」など、学校では教えてくれないお金の基本を学べることがFP3級に挑戦するメリットです。せっかく勉強するなら、資格も一緒に取れる方がお得ですよね。

試験の概要

・試験日:5月(目安4週目)、9月(目安2週目)、1月(目安4週目)
     午前120分、午後60分
・合格率:午前が80%-90%程度、午後が70%-80%程度
・合格点:午前午後それぞれ60点
     午前のみ合格、または午後のみ合格の科目合格制度あり

※出題形式は午前が2択問題、午後が3択問題

FP3級は年3回試験が実施されます。試験は午前の「学科試験」、午後の「実技試験」に分かれており、「学科のみ合格」や「実技のみ合格」のいわゆる科目合格制度が特徴です。学科・実技の両方に合格することでFP3級は合格と認められます。FP3級は受験条件が事実上ありませんので、どなたでも受験可能です。

出題範囲

試験範囲は以下の6分野となります。ただし、後述の受験する実技試験に
よって、実技試験の対象外となる範囲があります。

  • ライフプランニングと資金計画
  • リスク管理
  • 金融資産運用
  • タックスプランニング
  • 不動産
  • 相続、事業承継

実技試験は何を受ける?

受験申込ではFP協会ときんざいから試験機関を選ぶことになります。学科試験は共通の問題なのですが、FP協会ときんざいで実技試験の内容が異なります。どちらで受けるかによって受験可能な実技試験が決まります。

特に理由がなければ、FP協会の「資産設計提案業務」受験を推奨します。理由としては資産設計提案業務は他の実技試験より合格率が高い上、6つの試験範囲を満遍なく勉強できるためです。

きんざいの実技試験には2種類あり「資産設計提案業務」はリスク管理が、「保険顧客資産相談業務」は金融資産運用と不動産が試験範囲の対象外です。

繰り返しますが、受ける実技試験により試験申込先が違う点にご注意ください。

午前問題(学科試験)の対策

まずは試験範囲を一通りさらっていくことになります。保険の種類や確定申告といった、聞いたことはあるけれどあまり知らないことが多く、楽しみながら勉強できると思います。一通り勉強したら過去問を解いて知識の定着を確認していきましょう。

「どの保険に入るべきなの?」「将来に向けた資産形成が不安」「相続や税金のことがよくわからない」など、自分なりの疑問点を持ちながら勉強することで、勉強のモチベーションを維持できることでしょう。

参考書・問題集としては以下の2冊がおすすめです。特に「FPの教科書」は図が適度に入っており、初学者の方も退屈せずに勉強できます。

午後問題(実技試験)の対策

午前は一問一答形式の○×問題ですが、午後は同じ○×問題でも、文章を読み解き回答する出題があり、知識を活用できるようになる必要があります。午前問題を勉強していれば基礎知識は頭に入りますので、問題を解きながら応用力を身につけていきましょう。参考書・問題集は午前問題と同じ本で十分に対応が可能です。

ポイントは、自分の家の家計など具体的なシチュエーションにあてはめて考えることです。例えば家を買った時、ローンによって確定申告はこうする、払う税金はこれだけ変わるというように実生活にあてはめることで、覚えやすくなるとともに理解も格段に深まります。

FP3級に挑戦して暮らしに役立つお金の知識を身につけていきましょう。

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました